『やり抜く人の9つの習慣』が頭の中を整理してくれた!【成功への近道】

やりたいことがありすぎて、前に進めなくなっている
成功している人は特別な「才能」がある人だと思っている

こんにちは、なつねこです。

すぐ飽きるし3日坊主、自分には合っていなかったんだと言い訳をして、これまでたくさんのことを諦めてきました。

でもこの本には「目標達成の方法」が書かれていたのです。

「自分になんて無理」と思うまえに、つづきを読んでみましょう。

目次

やり抜く人は「目標に具体性を与える」習慣がある

本
Startup Stock Photos

例えば、「やせたい」と思うのならば、目標は「やせる」ではなく「5キロやせる」とするべきなのです。

引用元:やり抜く人の9つの習慣 第1章

目標に具体性がないと、2キロぐらいやせたときに満足して辞めてしまいそうですよね?

そうならないためにも目標を具体的に決めることは、達成するためにも必要です。

その他の例)

  • ○○の勉強をする→△月□日の資格試験で合格する!
  • 仕事で結果を出す→半年後に売上○○○万円達成する!

いまの自分の目標は具体性がありますか?

もう一度見直してみましょう。

やり抜く人の習慣『メンタル・コントラスト』で成功をつかむ

成功を望むなら、成功をイメージすると同時に、そこまでの障害をイメージすること。そして、成功した自分と今の自分のコントラストを考えること。このことを忘れないでください。

引用元:やり抜く人の9つの習慣 第1章

つまり、「成功したときの自分を想像する」「そこまでの障害を想像する」の2つを繰り返し心の中で考える作業を『メンタル・コントラスト』と呼びます。

『メンタル・コントラスト』を実践すると、「今自分が何をすべきか」がはっきりと自覚できるようになります。

その結果、意欲を高め、努力を積み重ねられるようになり、成功の確率を高めることができるのです。

いかがですか?想像しただけで体の奥底から力が湧いてきますね!

「自分には無理」とブレーキをかけていた自分に気づくことができます。

「障害」はあるけど、勇気を持って「今自分が何をすべきか」を自覚し、毎日積み上げていきましょう。

成功者が実践する『if-thenプランニング』を習慣にしてやり抜く

山

つまり、事前にするべきことをはっきりさせておけば、意識しなくても、行動すべきときに自動的に行動できるのです。「やらなくっちゃ」とずっと気にかけておく必要もありませんし、「何をすればよいのか」と迷うこともありません。

引用元:やり抜く人の9つの習慣 第2章

①(if)もし○曜日の△時になったら

②(then)1時間ジムで汗を流す

①(if)もし午前中に企画書を書き終えられなかったら

②(then)午後最初の仕事は、その企画書を書き上げる

「if-then」とは、「もしこうなったら、こうする」という意味です。

事前に「いつ」「何を」やるか決めておくだけで、2倍から3倍も実行できる確率が高くなります。

脳は「XならY」という文章を記憶しやすいので、忘れてしまっても大丈夫。

ほかのことに集中していても、そのときが来れば自動的に脳が行動を起こさせてくれるのです。

『if-thenプランニング』を始めてから、1日にやれることが増えました。

もっと早く知っていれば、あれもこれも諦めなくてよかったかも…

まとめ

海
Processed with VSCOcam with c1 preset

『やり抜く人の9つの習慣』の第1章、第2章を中心にお伝えしました。

これだけでも物凄い情報ですが、ここまでわずか23ページ分の内容です。

本のページ数は119ページでB6サイズの、薄くて小さい本です。

すぐに読めるので、つづきを見たい方は↓こちらからどうぞ。

読書を習慣にしたいけど、読む暇がない方は↓こちらがオススメ!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる