運動不足におすすめ『スワイショウ』は究極のゆるい運動だった

なつねこのアイコン画像なつねこ

『スワイショウ』は、私がおすすめする運動の中で一番ゆるい運動です。
何をやっても続かない方、これなら習慣化できますよ!

こんにちは、なつねこです。

太極拳を習っていたときの準備体操で必ずやっていた『スワイショウ』という運動があります。

残念ながら私の周りで『スワイショウ』を知っている人はほとんどいません。

しかし、こんなに簡単な運動は無いので、運動が苦手な方にぜひ知ってほしいと思います。

目次

『スワイショウ』について日本一簡単に説明します

  • 漢字で書くと→「甩手」
  • 意味→手を放り投げる、ほったらかす、振る
  • 中国禅僧の初祖、菩提達磨(ぼだいだるま)の「易筋経(えききんきょう)」のなかに記されている
  • 易筋経とは「易」変える、「筋」筋肉関節、「経」方法、つまり「弱った身体を健康にする気功法
  • 約1500年前に、体が弱い少林寺の僧侶に伝授したもの
  • 菩提達磨はその後、なんと150歳まで生きた!

こんなに昔から受け継がれてきた『スワイショウ』。

次は驚きの効果についてご紹介します。

こんなにあった『スワイショウ』の効果!もうやるしかない

禅

肩こり・腰痛

全身を使うので、血行が良くなる

繰り返し運動で、体幹が鍛えられる

肩甲骨まわりが動くので、肩こりの人はたまらなく気持ちがいいい

腰まわりの筋肉を鍛え、腰痛を改善・予防する

消化不良・便秘解消

ひねり運動で内臓が刺激される

胃の位置が正常になり、腸も動かすので便秘の解消にも効果がある

冷え性・生理痛・高血圧

血の流れが滞ることによっておこる「瘀血(おけつ)」を改善

骨盤内の血流が良くなり、生理痛も楽になる

繰り返し運動でのリラックスも加わり、高血圧にも効果が出ている

気を高め・免疫力UP

「血は気の母なり」という言葉がある

意味→「血は気の栄養素となる」

「病は気から」と言われる通り、気を高めると風邪をひきにくくなる

免疫力を上げて、強い身体ができる

セロトニンで心が安定・瞑想が苦手な方に

リズム運動(スワイショウ、歩行運動、咀嚼運動、呼吸運動、グルーミングなど)により「セロトニン」という、日中必要なハッピーホルモンが作られる

睡眠に必要な「メラトニン」の材料でもある

瞑想が苦手な人も、スワイショウで「セロトニン」を作ることができる

簡単な運動『スワイショウ』のおさえるべきポイントとは

スワイショウ
  1. 脚を肩幅に開く(ひざは伸ばさないで、少しゆるめて)
  2. 腕の力を抜いて、左右に振る

たったこれだけです。ただし、慣れてきたら意識して欲しいポイントがあります。

腕から動かさず、骨盤が動いてあとから腕がついてくるイメージで
テンポは秒針より遅めで、ゆったりと気持ちのいい速さで(私は♩=50)

↓動画で見たい方は、こちらがわかりやすくてオススメです↓

まとめ

海辺で瞑想

今日は『スワイショウ』についてご紹介しました。

①スワイショウとは ②驚きの効果 ③やり方とポイント

これを知ってしまったら、今日からやるしかないですね!

朝一番の運動に、寝る前のリラックスに、ぜひ取り入れてみませんか?

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる