普段何を食べるべきか【胃腸が弱い人】

胃腸が弱い私が、普段食べているものをご紹介します。

食べ物の好みもありますが、ご容赦ください。

目次

普段の食事は?

味の濃すぎないもの、脂肪分が多くないもの、冷たすぎないもの、辛すぎないものを食べるようにしています。

全て否定的な表現をしてしまいましたが、極端な食べ物は体を痛めつけます。

特に私は胃腸が弱いので、食べた後2~3日苦しむこともあるので、気を付けるようにしています。

久しぶりに弁当を買って食べたときには、濃い味と脂で胃もたれしてしまいました。

体を動かす職業の人は、ある程度の塩分と脂肪分は必要ですが、事務職の私は食べても消化しきれません。

そもそも運動をあまりしていないのが悪いのですが…

自分の運動量に合った食事を摂るようにしましょう。

主食はパンかご飯か問題について

日本人なので、ご飯のほうが体には合っています。

昼食と夕食は必ずご飯を食べるようにしています。

パンを食べると本当に幸せな気持ちになりますが、数時間後に腸がグルグルしたり、ひどく眠くなる人もいます。

私もその一人です。

私は幼いころから毎朝、菓子パンと牛乳を食べていました。

そのせいかわかりませんが、体力が無く、いつも不機嫌な子だったと思います。

現在の朝食はフレーク、ナッツ、ブルーベリー、バナナ、豆乳にしています。

昼まで腹持ちしますし、体調もいい感じです。

食べるものが決まっているので、朝の時間がないときでも準備が楽です。

お肉について

鶏むね肉やささみが、低脂肪高たんぱくで良いと言われています。

私は胃が弱いので、薬膳で胃に良いとされている、鶏肉を煮込んだスープをできるだけ食べたいと思っています。

数年前から焼き肉屋さんに行くと便が緩くなるようになり、脂肪分が多いお肉は避けるようになりました。

健康な日に限り、とりかわ串(たれ味)とビールを飲んだりします。

いまは断酒中ですので、ノンアルコールビールを飲んだりしています。

豚肉は、沖縄料理でよく使われていますが体を冷やすと言われているので、カレー、豚キムチ、ゴーヤチャンプルなどにして食べたいですね。

お魚について

よく食べるのはサバの水煮缶です。

栄養が丸ごと摂れ、骨も気にしなくて済むので助かっています。

お刺身は体を冷やすので、冷え性の人は注意です。薬味をうまく利用したり、温かいものと一緒にいただきたいですね。

ときどき無性にタコが食べたくなるのですが、薬膳では補気補血の働きがあり、疲れや体が弱っているときに良い食材です。

その時に食べたいものが、体が欲しているものだったりするので、不思議だなと思います。

ただし、菓子やジュースを止められない場合はほどほどにし、不足している栄養が無いか、食生活を見直してみましょう。

さいごに

私たちの体は、毎日食べたものでできています。

偏った食事を続けていると、必ずどこかに不調が現れます。

例えば私は今、顔に吹き出物ができています。

原因はお菓子の食べ過ぎと、毎日快便ではないことです。

自分の体が何を食べたがっているのか、何を嫌がっているのか、体の声に耳を傾けて食事を摂るように心掛けたいですね。

食べたものによる体調の変化を日記につけてみると、自分の体に合った食べ物を見つけることができるのでおすすめです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる