いつもの弁当を5分で作る方法【簡単すぎる弁当】

弁当

弁当を作るのが苦手なのですが、原因を考えてみました。

①何を入れたら良いかわからない

②弁当箱に上手く詰めることができない

の2つでした。

私は料理が面倒なので、簡単なものしか作りません。

手の込んだ弁当は作ったことがありません。

そんな私が、簡単に上手くできた方法をご紹介します。

買うもの

トマト、キュウリ、卵、梅干し、栗、干し芋、みそ汁、冷凍ブロッコリー、冷凍おかず

栗は殻をむいてあるもの。

冷凍食品は、メインとなる肉、魚系のものです。

準備しておくこと

ご飯冷凍、干し芋を冷凍、卵焼きを冷凍(又はゆで卵を冷蔵)

ご飯はたくさん炊いて小分け冷凍しておきます。

干し芋は、2本ずつラップにくるんで冷凍しておきます。

以下は、やる気があるときだけやります。

卵4個で大きめの卵焼きを作り、4回分に切り、ラップに並べ冷凍しておきます。

元気がないときは、ゆで卵を冷蔵庫で殻つきのまま保存。

朝やること

まずご飯を解凍します。

メインの冷凍食品や卵焼きを食べたいだけ詰めます。

空いているところにブロッコリー、ミニトマト、キュウリの輪切り、甘栗を好きな個数詰めます。

キュウリは果物ナイフで切りながら詰めているので、まな板は使いません。

詰め方のコツは特になし。

空いているところに詰めるだけ。

最後に解凍したご飯と梅干を詰めて完成。

多分5分くらいです。

スティック状の干し芋は、2本ずつラップにくるんで冷凍。

そのまま弁当袋に入れて持っていきます。

自然解凍でおいしくいただけます。

続けるコツ

夕食のおかずをわざと多めに作って、弁当に詰めるときもあります。

どうしても面倒なときは卵料理を作りません。

でも栄養豊富なので1日1個は食べたいですね。

職場にはインスタントのみそ汁を置いて、弁当と一緒に飲んでいます。

まとめ

買うもの…トマト、キュウリ、卵、梅干し、栗、干し芋、みそ汁、冷凍ブロッコリー、冷凍おかず
準備…ご飯冷凍、干し芋を冷凍、卵焼きを冷凍(又はゆで卵を冷蔵)
朝…ご飯解凍、キュウリ輪切り、適当に詰めるだけ

ここまでお読みいただきありがとうございます。

毎日の弁当、ムリしないで、ゆるーく続けていこうと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる